風俗の上手な活用法

無理をしないけど、無理をする

何だか矛盾した言葉みたいですけど、風俗は無理をしないけど、でも無理をする。その言葉の意味は、風俗を楽しもうとすることに対してはあまり無理をしません。時間を削ってまで楽しもうとか、終電ギリギリになってしまっても良いから楽しむってことはないんです。ただ、女の子とのプレイそのものでは多少無理をしてでもがっつりと楽しみたいって気持ちがあるんですよね。その方が実際の所、楽しいものじゃないですか。自分自身、そこを重視しつつ、楽しむよう心掛けているんですよ。事実、そのくらい思い切って楽しんだ方が自分でも満足感が高いってことに気付くようになってきたんですよね。女の子と会う前の段階では無理はしませんけど、女の子を目の前にしたら、翌日に支障をきたすくらい頑張るんですよ(笑)そのくらいがっつりと楽しんだ方が自分の後悔もないし、満足度も高いです。それに、毎日のように風俗で遊ぶわけではないので、体に負担が来るくらい大したことありません(笑)

休日が変わりました

それまでの休日の過ごし方と言えばドライブだったんですけど、車が故障してしまって。しかもそれなりに古い車なので、修理費用が物凄い額だったんです。はっきり言っちゃえば、その修理費でもう一台別の車を購入できる額。寿命だったのかなって。でも、その車以外には乗る気がしないので、廃車にして終了。すると、休日の足がなくなってしまったので、休日に何をして遊ぶかってなると、結局車以外になりますよね。それで風俗のお世話になることが増えました(笑)風俗と言ってもデリヘルですね。自宅に呼べるじゃないですか。自宅に来てもらうならこちらの足の心配も必要ありませんしね。それに、場所代の節約にもなるじゃないですか。デリヘルって他の風俗と比べて安いと言われていますが、場所代が表示されていないからだと思うんです。場所代まで含めると他の風俗とそこまで変わらないと思うんですけど、自宅でのプレイであればやっぱり他の風俗よりも安いですよね。